【楽天】岡島、捕手復活起用プランに「初耳です」

2018年2月15日17時1分  スポーツ報知
  • 14日の練習試合に「1番・捕手」で先発出場した岡島(左)

 楽天・岡島豪郎外野手(28)が15日、沖縄・金武町キャンプの守備練習で捕手を務めた。11日の紅白戦(久米島)や14日の韓国・KIA戦(金武町)で「1番・捕手」としてそれぞれ2イニングを守り、ブルペンで捕球することなどはあったが、サインプレーなどの本格的な練習に参加するのは今キャンプで初めて。梨田監督は「(捕手・岡島が)サインを出すということはしばらくやっていないのでね。やるならひょっとしたらスタート(先発)でという気持ちも持って欲しい」と説明した。

 当初は危機管理の一環として捕手での練習を始めた岡島。プロ入りは捕手で14年までは捕手としての出場もあっただけに、大きな問題はなかった。本人は外野手としてのレギュラーを狙っているが、14日の練習試合後に梨田監督が捕手での先発起用も示唆したことを報道陣から伝え聞くと「本当ですか? 初耳です。頑張ります」とやや困惑した様子だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ