【ソフトバンク】柳田、チーム43イニングぶり適時打「いいスイングができた」

2018年3月13日15時53分  スポーツ報知
  • 1回2死一塁、ヤングマン(左)から右中間へ先制の適時三塁打を打った柳田

 ◆オープン戦 ソフトバンク―巨人(13日・大分)

 柳田悠岐外野手(29)が、4日の阪神戦(ヤフオクD)以来、チーム43イニングぶりのタイムリーを放った。

 初回2死一塁から、ヤングマンのカーブをとらえ、右中間へ適時三塁打。「チームとしても、久しぶりのタイムリーだったので良かったです。いいスイングができました」と喜んだ。1―1の同点に追いつかれた直後の3回1死一、二塁でも詰まりながら左前に適時打を放つなど、持ち味の打棒を披露した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ