【広島】開幕候補・薮田、5回5失点 6四死球に「良いところは1つもなかった」

2018年3月13日19時53分  スポーツ報知
  • 本塁ベースカバーに走る薮田

 ◆オープン戦 日本ハム5-0広島(13日・マツダスタジアム)

 広島の開幕投手候補・薮田和樹投手(25)が、制球に苦しみ5回5失点(自責3)と精彩を欠いた。

 過去2試合のオープン戦では6イニング2安打無失点と好投を続けていたが、この日はフォームのバランスを崩し、先頭打者に3度も四球を与えるなど6四死球。5回には3つの四球でピンチを招いて後続のタイムリーで4失点し、「良いところは1つもなかった」とうなだれた。

 緒方監督は「結果につながる内容のピッチング。真っすぐの精度が悪くて、思ったところに投げられていない。同じことを繰り返している」と四球の多さに苦言。アピール失敗に終わった右腕は「開幕までにしっかりと修正していきたい」と前を向いた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ