【阪神】藤浪、開幕ローテ黄信号の4回途中6失点 因縁ヤクルト戦で5四死球

2018年3月14日6時0分  スポーツ報知
  • 降板した藤浪はベンチから戦況を見つめ、ぼう然とする(左は松田=カメラ・谷口 健二)
  • 4回無死二、三塁、奥村に死球を与えた藤浪は帽子を取って頭を下げる

 ◆オープン戦 ヤクルト10―5阪神(13日・甲子園)

 阪神・藤浪が4回途中6失点と崩れ、不安をのぞかせた。3回までは無失点だったが、4回に西岡の2失策も絡んで大量失点。昨年の初登板で死球から乱闘騒ぎとなったヤクルト相手に、再び5四死球と制球難を露呈した。内定している開幕ローテーション入りは現時点は揺るがないが、今後の登板内容次第では、黄信号がともる可能性も出てきた。

 藤浪の悪癖が突如として顔をのぞかせた。4回、遊撃・西岡の失策で先頭の大村に出塁されると、一気に歯車が狂った。藤井の中前安打と広岡の四球で無死満塁。中村の遊ゴロを再び西岡が後逸し、一挙2点を奪われた。奥村に死球をぶつけた後に1死は取ったものの、上田に右前への2点適時打を浴びて降板。予定の球数を超えたこともあり、イニング途中でマウンドを降りた。

 「いいタイミング、バランスを出せなかったのが一番、悔しい」。2番手・島本も後続に打たれたため、藤浪は3回1/3を4安打6失点。自責点0ながら、5四死球と課題の制球難を露呈した。金本監督は「ストライクを取るのに四苦八苦していた。昨日のブルペンが良かったから期待していたけど…。上がり目を見せてくれんと」と険しい表情。開幕ローテ入りは内定しているが、今後の結果次第では再考を迫られそうだ。

 昨季の初登板だった4月4日のヤクルト戦(京セラD)では畠山の左肩付近に死球をぶつけ、乱闘騒ぎとなった。この日、ヤクルトベンチは抜け球を恐れてか、山田、バレンティン、畠山と主力の右打者をことごとく温存。因縁の相手を前に、不安を拭い去ることができなかった。

 「普段できていることが狂った時にどうするか。1個1個のボール自体はいいだけに、修正さえできればと思ったけど、それができなかったのは一番、駄目な部分です」。降板後も藤浪はブルペンに向かい、フォーム修正に努めた。昨季は自己ワーストの3勝に終わったエース候補。今季は順調な調整を続けてきたはずだが、再び試練が訪れた。(表 洋介)

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ