【阪神】金本監督、途中出場6人全員安打に「十分チャンスはありますよ」

2018年3月14日6時30分  スポーツ報知
  • 6回無死満塁、左翼線に2点適時二塁打を放つ代打・糸原(捕手・中村)

 ◆オープン戦 ヤクルト10―5阪神(13日・甲子園)

 阪神は途中出場の野手6人が全員安打を放った。そのうち上本、山崎、伊藤隼、荒木は高知・安芸の2軍キャンプ組。初お披露目となった「福留、ロサリオ、糸井」の新クリーンアップは不発だったが、控え組が意地を見せた。

 金本監督は「(試合後の)ミーティングでも言った。下から来た選手がよくアピールしてくれている。結果を残してくれたら十分にチャンスはありますよ」と、サバイバル競争の激化を歓迎した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ