【阪神】植田海が今季初スタメン 快足生かし内野安打&盗塁

2018年4月29日18時31分  スポーツ報知
  • 6回1死一塁、盗塁に成功しさらに捕手の磯村の悪送球の間に三塁へ進んだ植田

 ◆広島5―2阪神(29日・マツダスタジアム)

 阪神・植田海内野手(22)が、自慢の走力で持ち味を発揮した。

 「2番・遊撃」で今季初の先発出場。2打席凡退で迎えた6回の第3打席、広島・大瀬良の直球を三遊間に転がし、快足を飛ばして内野安打にした。その後、二盗と捕手・磯村の悪送球で三塁まで進み、4番ロサリオの中犠飛で、一時同点となるホームを踏んだ。

 今季8打席目での初安打に「練習でやっている低く強い打球を打つことを意識しました。1本出たんでそれは良かった」と表情を緩めたが、好走塁には「先の塁を目指していきたい」と慢心する様子はなかった。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)