【ソフトバンク】内川、出場選手登録を抹消 右膝痛と左足首打撲

2018年5月17日11時24分  スポーツ報知
  • 15日の試合でファウルが左足に当たり、交代した内川

 ソフトバンクの内川聖一内野手(35)が17日、右膝痛と左足首打撲のため出場選手登録を抹消された。

 内川は4月18日の楽天戦(ヤフオクD)で高梨から右膝に死球を受けた。痛みを抱えながら出場を続け9日の西武戦(メットライフ)で史上51人目となる2000安打を達成も、今度は15日の楽天戦(楽天生命)で自打球を左足くるぶし付近に当て途中交代。16日の試合は欠場していた。

 「中心選手で(右膝の)痛みをこらえてやってきた。2000本という目標もあったと思う。本人はやりたい気持ちが強いが、自打球のこともあり両方が重なってしまった。1度、しっかり治してもらいたい」と工藤監督。最短27日からの復帰を目指す。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)