【ソフトバンク】柳田、自己最長タイ21試合連続安打「前の打者がチャンスを作ってくれたおかげ」

2018年5月17日14時16分  スポーツ報知
  • 1回1死三塁、柳田が中越えへ先制の適時二塁打を放つ

  ◆楽天―ソフトバンク(17日、楽天生命)

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(29)が初回1死二塁で左中間へ先制二塁打。自身初のサイクル安打をマークした4月21日の日本ハム戦(札幌D)から21試合連続安打となり17年5月から6月にかけてマークした自己最長記録に並んだ。

 「打ったのはチェンジアップ。うまく食いついていくことができた。前の打者がチャンスを作ってくれたおかげ」と喜んだ。同点の3回2死二塁でも右中間を破る勝ち越し三塁打を放ち、5試合連続マルチ安打とした。

 この日、4番で主将の内川が左足くるぶし打撲及び右膝痛のため出場選手登録を抹消されたが、好調な和製大砲の存在が頼もしい。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)