【西武】金子侑「きわどいと思ったけど」超美技キャッチ

2018年6月15日7時0分  スポーツ報知
  • 7回2死一塁、三輪のファウルフライを好捕する左翼手・金子侑

 ◆日本生命セ・パ交流戦 西武4―6ヤクルト(14日・メットライフドーム)

 西武の金子侑が超ファインプレーを見せた。

 7回2死一塁の守備。ヤクルト・三輪の左翼ファウルゾーンへの大飛球を左翼の定位置付近から猛スピードで追い、ブルペンに入る打球をブルペンエリアのフェンスに身を乗り上げ、最後は左手を伸ばし捕球した。「きわどいと思ったけど、追っていくなかで捕れたのでよかった。感覚ですね」。気迫あふれる執念のプレーに会場は拍手で包まれた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ