阪神、2大会連続優勝を果たす!…第34回泉州大会

2017年5月5日7時0分  スポーツ報知
  • 2大会連続優勝を果たした阪神の選手たち

 ◆第34回泉州大会 ◇中学生の部▽決勝 枚方ボーイズ6―3阪神ボーイズ(29日・泉南市民の里球場)

 「泉州大会」は全日程を終了し、中学生の部は阪神ボーイズが今大会初優勝。

 阪神が2大会連続優勝を果たした。松下、坂口のサク越えアーチなどで枚方投手陣を攻略した。初回に右中間へ先制2ランを放った松下は「真っすぐ待ちで変化球が来たが、当てにいかずに振り切った」と笑顔。4回に中越えソロ本塁打を打った坂口は「これまで自分がホームランを打つという実感がなかった」と驚いた。

 「この冬はホームランを打つことに特化して練習してきた。『転がせ』じゃなく『上げろ』です」と沢坂監督は明かす。テーマは“スタメン9人全員がホームランを打てるチーム作り”。全国区で勝つことまで見据え、打線強化に取り組んできた。

 今チームに潜在能力を認めるからこその、打撃指導のセオリーを外れる“上げろ”指令。長打力が増したことは、前戦の阪神淡路大会から10試合55得点の結果が物語っている。「ここまで9人中6人がホームランを打った。成果が出てきました」。巨漢監督の手応えは今回の優勝で確信に変わったようだった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)