藤井寺、初回&2回に打者一巡!4回コールドで進出…第9回関西さわやか大会

2017年6月9日7時0分  スポーツ報知
  • 初回、中前へ適時打を放ち、笑顔の藤井寺・吉岡(中央)

 ◆第9回関西さわやか大会 ◇中学1年生の部▽3回戦 藤井寺ボーイズ13―0羽曳野ボーイズ=4回コールド=(3、4日・本庄グラウンドほか)

 「第9回関西さわやか大会」の3回戦が行われ、序盤に猛攻撃を見せた藤井寺ボーイズが4回コールド勝ち。4回戦に進出した。

 勢いに乗った打線は、止まらなかった。猛打の藤井寺が4回コールド勝ち。4回戦進出を決めた。

 「羽曳野は何度も対戦しているチームで、全員で『必ず勝とう』と誓って試合に臨みました」と丸岡主将。初回1死二塁から3番・川端、4番・武原が四球を選び、5番・大筆が押し出し四球で先制。さらに、6番・吉岡が中前適時打、2死後、押し出し四球と9番・松田の左前2点適時打など打者一巡の12人を送る猛攻で一挙6点を奪った。

 2回にも武原、大筆の連続二塁打で追加点を奪うと、1番・丸岡、2番・仙波の連続タイムリーなど7得点。序盤で勝負を決めた。丸岡主将は「自分はセンター返しを意識して打席に立ち、それができたことに感触を得られました」と自身の打撃にも手応えをつかみ、「次もチーム一丸となって戦います」と意気込んだ。

 新田監督は「相手チームが故障で主力を欠いていたこともあったが、日頃から繰り返し言ってる『しっかり振ろう』を選手たちが実践してくれて大量点につながった。投手陣も自滅することなくストライクを取れたので、チームの力が確認できるいい機会となった」と、たくましくなったナインに目を細めた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)