中百舌鳥、接戦を制しサヨナラ勝ち!新チームで初優勝飾る…第39回浜寺大会

2017年6月14日7時0分  スポーツ報知
  • チーム初優勝で笑顔の中百舌鳥ナイン

  ◆第39回浜寺大会 ◇中学生の部▽決勝 中百舌鳥ボーイズ7―6浜寺ボーイズ=延長8回=(10日・みなと堺グリーンひろば硬式野球場)

 浜寺大会は決勝が行われ、中学生の部は中百舌鳥ボーイズ、小学生の部は大阪泉州ボーイズが優勝。

 チーム初めての優勝メダルに、中百舌鳥ナインが無邪気な笑顔を見せた。2点を追う7回、1死から2本の二塁打と左前適時打で同点。延長に入ると、8番・木林が一塁内野安打で出塁し、9番・川本の犠打と暴投で1死三塁のチャンス。1番・大林がフルカウントまで粘り「まっすぐしかない。僕がピッチャーでもストレートを投げる場面」と、直球をフルスイング。右中間へサヨナラ打を放ち高々と拳を突き上げた。

 7回に同点のホームを踏んだ清家は「絶対勝つぞという気持ちだった。すごくうれしい」と笑顔。佐藤主将は「応援もすごくてチームの力が出た。このままの勢いで選手権予選を勝ち上がりたい」と、気勢を上げた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)