生駒、猛攻5回コールドで3年ぶり制覇!…選手権大会・奈良県支部予選

2017年6月21日7時0分  スポーツ報知
  • 優勝を決め、石田監督を胴上げする生駒ナイン

 ◆第48回日本少年野球選手権大会・奈良県支部予選 ◇中学生の部▽決勝 生駒ボーイズ13―4奈良葛城ボーイズ=5回コールド=(18日・阿田峯運動公園野球場)

 第48回日本少年野球選手権大会(8月2日~6日、大阪・舞洲球場ほか)に向けた奈良県支部予選の決勝が行われ、生駒ボーイズが3年ぶりに制覇。

 3年ぶり6回目の夏切符を、猛打で勝ち取った。初回に2点先取されたが、その裏に同点においつくと、2回に2点を挙げて勝ち越し。3回は打者13人、一挙9得点で試合を決めた。

 2回に1死二、三塁から中前へ勝ち越しの2点適時打を放った1番・福岡は「とにかくうれしい。春の全国は初戦で負けているので、生駒の名前に恥じないしっかりとした野球をしたい」と、気持ちを引き締めた。捕手としても不安定な立ち上がりだった先発・城間を巧みにリード。「流れが良くなかったので、どんどんインコースを攻めた。守備のリズムもよくなりました」と笑顔を見せた。

 打撃好調の5番・本間は「点を取りすぎてダメということはない。8月までにもっと良くなります」と、この日も3打席すべてに出塁し、得点に絡む活躍をみせた。藤原主将は「打てなくても監督が使ってくれた。自分たちの力を出し切れば絶対負けることはない。全国制覇を目指します」と力強く宣言。石田監督の「舞洲でも胴上げしてくれよ」という言葉に、ナインの笑顔がはじけた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)