枚方、2時間18分の死闘制し8強入り…関西さわやか大会

2017年6月23日7時0分  スポーツ報知
  • タイブレイクの延長10回、サヨナラ勝ちで盛り上がる枚方ナイン

 ◆第9回関西さわやか大会 ◇中学1年の部▽5回戦 枚方ボーイズ6X―5宝塚ボーイズB=タイブレイク(17日・淡路佐野運動公園多目的グラウンド)

「第9回関西さわやか大会」は枚方ボーイズが勝ち、ベスト8進出を決めた。

 枚方が、延長10回タイブレイクの激闘を制し、ベスト8進出を決めた。

 枚方は2回に2点先取すると、宝塚Bも直後の3回に2点を返し同点。その後も一進一退の攻防となり、1点を追う6回に枚方が追いつくと、7回からは1死満塁でのタイブレイクへ。両チーム譲らぬまま、迎えた10回。ベンチから「ヒーローになれ」と声援を受けた神田が振り抜いた打球は中前に落ち、2時間18分の死闘に終止符を打った。

 殊勲の神田は「センターフライと思ったが、落ちてくれた。ゲーム中の悩み、ストレスが一気に吹き飛んだ」と笑顔。救援で力投したキャプテン・寒川も「攻撃が裏だったので気持ちは楽。思い切り腕を振りストレート一本勝負」と、胸を張った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)