枚方、2年ぶり王座奪回!4回コールドで決めた…第9回関西さわやか大会

2017年7月5日7時0分  スポーツ報知
  • 2年ぶりの優勝に笑顔の枚方ナイン

 ◆第9回関西さわやか大会 ◇中学1年生の部▽決勝 枚方ボーイズ7―0藤井寺ボーイズ=4回コールド=(2日・久宝寺球場)

 報知旗争奪「第9回関西さわやか大会」決勝が行われ、枚方ボーイズが2年ぶり4回目の優勝を飾った。

 枚方が2年ぶり4回目の優勝を、コールド勝ちで決めた。2回2死二、三塁から寒川主将が中前へ2点適時安打を放ち先制。先発の加藤は、藤井寺打線を1安打に抑える好投を披露。「全力で投げることだけ考えた。何度も優勝している大会なので、続けるように頑張った」と、無失点に満足そうな笑顔を浮かべた。

 4回には5番・村上の左前安打、6番・後藤が四球を選び、7番・山岡が「朝から緊張していたけど、優勝できる自信があった」と、中越えへ2点適時二塁打で追加点。続く寒川主将が右翼手の頭上を越える適時三塁打を放ち、ガッツポーズを決めた。「まっすぐを狙っていた。監督にも言われたように、自分の結果を考えすぎずに積極的にプレーできた」と、のびのびとしたプレーでチームを引っ張った。

 その後も安打と四球で1点追加。コールド勝ちまであと1点とし、代打・平沼が押し出し四球を選んだ瞬間、ベンチから選手が飛び出した。寒川主将は「この大会の優勝に満足せず、もっと上の大会で優勝して、一番強いチームになる」と宣言した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)