広島、大逆転で3年連続出場!4回一気6点…選手権大会・広島県支部予選

2017年7月5日7時0分  スポーツ報知
  • 優勝した広島ナイン

 ◆第48回日本少年野球選手権大会・広島県支部予選 ◇小学生の部▽決勝 広島ボーイズ9―5広島廿日市ボーイズ(6月24日・白竜湖スポーツ村公園野球場)

 第48回日本少年野球選手権大会(8月2~6日、大阪・舞洲球場ほか)の広島県支部の小学生の部では、広島ボーイズが3年連続の全国切符を手にした。

 春季全国大会4強の広島が、逆転勝ちで3年連続の全国出場を決めた。初回に1点を先制したが、3回に5失点。だが、4回に6番・山本千の二塁打からの5者連続安打とスクイズ、3番・永井の三塁打、4番・上田の適時打などで計6得点。5回にも2点を追加し、広島廿日市を振り切った。

 2長短打を含む3安打の永井は「5、6点差をつけられても逆転すると自信を持っていた」とキッパリ。林監督は「目に見えないミスが積もれば流れが相手にいってしまう。全国ではこんな野球をやっていたら通用しない」と厳しかった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)