東岡山、毎回得点のコールドで優勝…岡山ボーイズ大会

2017年7月28日17時55分  スポーツ報知
  • 優勝した東岡山ナイン

 ◆第7回岡山ボーイズ大会 ◇中学生の部▽決勝 東岡山ボーイズ 8X―1 岡山北ボーイズ=5回コールド(7月16日・瀬戸町総合運動公園野球場)

 「第7回岡山ボーイズ大会」の決勝は、東岡山ボーイズがコールド勝ちで制覇した。

 東岡山が毎回得点の5回コールド勝ちで優勝を飾った。投げては先発・小林が5回1失点。「気持ち良く最後まで自分のリズムで投げられた」と今年一番の出来だったと胸を張った。

 初回は犠打を絡め、3番・中田の中前適時打、岡本の中犠飛などで2点を先制。「2本の犠打が有効的だった。つないで点を取るウチの野球が最初にできたことで、チームはピッチャーを含めたいいリズムができた」と中田監督は評価した。

 2回も7番・細田の二塁打や、上位打線の集中打で一挙4得点。その後も着実に追加点を奪い、快勝した。中田主将は「最終学年の有終の美が飾られて良かったです」と誇らしげだった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)