小山、枚方に競り勝ち決勝進出…第48回選手権大会

2017年8月6日7時0分  スポーツ報知
  • 同点の5回1死三塁、小山・仲三河が勝ち越しスクイズを決める(投手・篠田)

 ◆報知新聞社主催 第48回日本少年野球選手権大会 ◇中学生の部▽準決勝 枚方ボーイズ(大阪北)2―5 小山ボーイズ(栃木県)(5日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 中学生の部の準決勝が行われ、3年ぶりの王座奪還を目指した枚方ボーイズが、小山ボーイズを打ち崩せず惜敗した。小山は夏初制覇を目指す。

【主催】(公財)日本少年野球連盟、読売新聞社、読売テレビ、報知新聞社

【後援】文部科学省スポーツ庁、(公財)日本野球連盟、大阪府、大阪府教育委会、大阪市、大阪市教育委員会

【協賛】株式会社フラッグ

 小山がきめ細かな野球で好機を生かし、着実に得点。強敵・枚方を破り、東西対決の舞台で、初の日本一を目指す。「投手を含めた守備のチームです」と新島監督。それでも、準決勝までの3試合に全てコールド勝ち。投手陣も2失点だけと、チーム力で快進撃を続けてきた。

 3回、小山が本領を発揮した。2死一、三塁、重盗を仕掛け、捕手が送球をはじき、球を見失う間に、三塁走者が生還し先取点を奪った。その後、2死二塁に先発・朝井の適時打で2点目を挙げ、ベンチが盛り上がった。5回1死三塁では、4番・仲三河が丁寧にスクイズを決め勝ち越し。6回には8番・小林、1番・中山の適時打でダメ押しの2点、計5点を挙げ、枚方を突き放した。

 先発の朝井は「枚方相手でも、緊張はしなかった。球が高めに行かないように注意した」と、切れのいいスライダーなどを交え、テンポのいい投球で完投し「決勝戦はバットで貢献したい」と胸を張った。

 小林主将は「一瞬でも気が抜けない試合だった。決勝は接戦になると思うが、どんな展開になっても、優勝目指し頑張ります」。決勝で登板予定の仲三河は「最後なので、気持ちで投げる」と、MAX137キロの快速球で飯塚打線を待つ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)