枚方、準決勝で破れ3年ぶり日本一奪回ならず…第48回選手権大会

2017年8月6日7時0分  スポーツ報知
  • 4回2死一、二塁、枚方の代打・廣部(手前)が同点二塁打を放つ

 ◆報知新聞社主催 第48回日本少年野球選手権大会 ◇中学生の部▽準決勝 枚方ボーイズ(大阪北)2―5 小山ボーイズ(栃木県)(5日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 中学生の部の準決勝が行われ、3年ぶりの王座奪還を目指した枚方ボーイズが、小山ボーイズを打ち崩せず惜敗した。

【主催】(公財)日本少年野球連盟、読売新聞社、読売テレビ、報知新聞社

【後援】文部科学省スポーツ庁、(公財)日本野球連盟、大阪府、大阪府教育委会、大阪市、大阪市教育委員会

【協賛】株式会社フラッグ

 3年ぶりの優勝を目指した枚方だったが、春準Vの小山の前に涙を飲んだ。2点ビハインドの4回2死一、二塁で代打・廣部が左翼二塁打。一度は同点としたが、その裏1死三塁からスクイズを決められ、勝ち越しを許すと、6回にも追加点を奪われた。

 「ヒット数は同じでも、これだけエラーが出たら勝てない。日頃言ってるいいこと、悪いことが出た試合。やることをきちんとやれないから負けた」と田中監督。同点打を放った廣部は「自分のバットで結果を出せてうれしい」。3回2失点の先発・門野は「後半、疲れてストレートが抜けた。日本一を目標に頑張ったので悔しい」と、無念の表情を浮かべた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)