奈良、サヨナラで3年ぶりの復活星!…第25回奈良若草大会

2017年9月8日7時0分  スポーツ報知
  • 3年ぶりの復活を勝利で飾りった奈良ナイン

 ◆第25回奈良若草大会 ◇中学生の部▽2回戦 奈良ボーイズ4―3和歌山北ボーイズ(3日・五條市上野公園野球場)

 「第25回奈良若草大会」は、3年ぶりに復帰したホスト・奈良ボーイズが逆転サヨナラ勝ち。

 同点に追いついた7回無死三塁、4番・小笠原の一撃で、三塁走者・中野が全力でホームを駆け抜けた。奈良がサヨナラ勝ちだ。が、球場は一瞬、静寂に包まれた。決勝打の小笠原も、ベンチで見守った選手たちも、自分たちが何をしたか…。無理もない。3年ぶりに主催大会に出場し、逆転サヨナラ勝ちで悲願の復活劇を飾ったのだから。

 部員不足で、2年間は休部状態。それでも、関係者の努力で主催大会は続けた。今年4月、中村新監督と1年生の22選手でチームは復活。ナインは喜々としてグラウンドに立った。2回に3点を先取されたが、5回に1点を返し、7回は無死一、二塁から3番・大川が「いつも好機に力んでしまうので、今日は気持ちを軽くして力いっぱい振りました」と、起死回生の同点二塁打を放ち、ベンチを沸かせた。

 直後に代走・中野が果敢に三盗。「下半身をうまく使えなくて球が散ってしまった」と反省した先発の小笠原も、最後は「大川の同点打で気が楽になった。絶対、走者をかえす」と、自らのバットで勝利を呼び込んだ。

 中村主将は「うれしいです。厳しい練習に耐え、上級生の胸を借り、全員野球と挑戦者の気持ちで頑張ります」と、復活の白星に胸を張った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)