ナガセ、投打かみ合い5得点の完封勝ち!…第6回関西キッズドリーム大会

2017年9月22日7時0分  スポーツ報知
  • 好投したナガセの先発・伊藤

 ◆第6回関西キッズドリーム大会 ◇小学ジュニアの部▽予選リーグ ナガセボーイズ5―0大阪柴島ボーイズ(18日・長瀬球場)

 「第6回関西キッズドリーム大会」はナガセボーイズが大阪柴島ボーイズを振り切った。

 投打のかみあったナガセが、4回に効果的に得点を重ね、快勝した。

 2回1死二塁から6番・鳥羽の左越え三塁打で先制。4回は江端主将の内野安打を足掛かりに4番・伊藤が死球で出塁した後、5番・志倉が中前適時打を放った。さらに6番・鳥羽が左犠飛、7番・滝川も内野安打で加点。滝川は敵失の間に二塁から生還し、この回4点と試合を決めた。

 投げては先発・伊藤が危なげない投球で、4回を0封した。「自分では良かったと思うけど、球は走ってなかった。特に2回に三塁打を打たれた時は焦った」と冷や汗。いつもは中継ぎで、先発で4イニングを投げ切ったのは初めてという。「先発できる自信ができました」とニッコリ。抑えで最終回を締めた江端は「序盤にもっとペースをつかみたかったけど、勝てたのでよかった」とホッ。高田監督も「子供らのおかげです」と満足そうだった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)