西淀、劇的逆転で本戦出場を射止める!…第47回関西秋季大会北大阪支部予選

2017年9月27日7時0分  スポーツ報知
  • 関西秋季大会出場を決め笑顔の西淀ナインと関係者

 ◆第47回関西秋季大会北大阪支部予選 ◇中学生の部▽代表決定戦 西淀ボーイズ5―3大東畷ボーイズ(24日・矢倉グラウンド)

 「第47回関西秋季大会」の代表決定戦が各地で行われ、大阪北支部で西淀ボーイズが本戦出場を決めた。

 西淀が、主将の劇的な逆転満塁弾で大東畷を振り切り、本戦出場を射止めた。

 西淀は3回、先発・川満が自らの犠飛で先制したが、4回に2四球と3長短打に失策も絡んで3点を奪われ、逆転を許してしまう。「早く追い込むつもりだったが、四球が多かった」とエースは反省しきり。

 今大会ここまで2試合で22得点をたたき出している西淀打線は5回、牛尾、宮艸、川満の3連打で2死満塁の好機。ここで主将の2番・小林は「ここまでいいところがなかったので、何とかしたかった」と真ん中のストレートを強振した打球は、右中間フェンスを越える逆転の満塁本塁打となった。その瞬間、西淀の選手とスタンドの保護者らはお祭り騒ぎ。ヒーローは「抜けたとは思ったけど入るとは…。最高にうれしかった」と興奮気味に振り返った。

 更紗監督は「もちろん殊勲はキャプテン(小林)だが、川満がエースとして昨日、今日とよく投げてくれた」とねぎらった。本戦に向け、小林は「ミスをせず、積極的な野球をしたい」と気持ちを引き締めていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)