和歌山、勝負強さを発揮し2年連続代表決定!…第47回関西秋季大会和歌山県支部予選

2017年9月29日7時0分  スポーツ報知
  • 和歌山は和歌山北戦の3回、大仲主将(後方)がヘッドスライディングで生還。ランニング3ランで逆転した

 ◆第47回関西秋季大会和歌山県支部予選 ◇中学生の部▽代表決定戦 和歌山ボーイズ6―2和歌山田辺ボーイズ(23日・紀三井寺球場)

「第47回関西秋季大会」は代表決定戦が行われ、和歌山県支部では和歌山ボーイズが2年連続で本戦出場を決めた。

 最後の打者を打ち取ると、和歌山・上代は雄たけびを上げた。2失点完投で2年連続の代表決定。「最高です」と笑顔を見せた右腕のもとに大仲主将らナインが集まり歓喜に沸いた。

 「代表が決まる試合だったので緊張しました」と上代。伊藤監督から、相手打線が前試合で直球に強かったと伝えられ、変化球中心で組み立て。2点差に詰め寄られた6回は「気持ちで負けないように」とゲキ。最終回はナインから「硬くならず、落ち着いていこう」と激励され、その期待に応えた。

 大仲主将も「代表は目標だったのでうれしい」とホッと息をついた。和歌山北戦は2点を追う3回に逆転3ラン。代表決定戦も6回にダメ押しの2点二塁打を放つなど勝負強さを発揮し、チームを引っ張った。

 1年前に8年ぶりの代表を決めたメンバーの3年生が応援に駆けつけた。「練習も手伝ってくれて本当に後輩思い」と伊藤監督。先輩たちの思いに応え、本大会へ「自分のピッチングができるように」と上代。大仲主将も「守備でリズムをつくって勝ちたい」と意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)