藤井寺、好機生かす完勝で2年連続切符!…第47回関西秋季大会大阪中央支部予選

2017年10月13日7時0分  スポーツ報知
  • 連続出場に大喜びの藤井寺ナイン

 ◆第47回関西秋季大会大阪中央支部予選 ◇中学生の部▽代表決定戦 藤井寺ボーイズ6―1松原ボーイズ(7日・金岡球場)

 「第47回関西秋季大会」代表決定戦が行われ、大阪中央支部は大阪八尾ボーイズ、藤井寺ボーイズ、弥刀東ボーイズが代表を決めた。これで小学生・中学生とも出場全チームが出そろい、21日に兵庫・淡路佐野第一野球場などで開幕する。

 藤井寺が、毎回安打でつくった好機を確実に生かし、松原に完勝。2年連続で代表の座を射止めた。

 初回に先取点を奪われ、なおも1死一、二塁のピンチを背負ったが、併殺で切り抜け、松原の攻勢をストップさせた。直後の2回、2死二塁で8番・丸岡の同点適時打が飛び出し、流れをつかんだ。3回1死には4番・永野の二塁打、続く畠野の中前適時打で勝ち越した。

 永野は「ケガ明けで、初戦はベンチ外、2回戦からいきなり4番に立った。監督やナインの期待に応えたかった」と笑顔。「最近、ヒットがなかったので、思い切り振ることだけを考えた」と丸岡。勢いに乗った打線は7回、犠打を挟み4連打で3点を追加し、松原を押し切った。

 先発・芝池はスライダーなどを駆使し、6回まで6安打1失点の好投。「6月は不調で迷惑をかけたので、全力投球した。みんなでタイガースカップ出場を目指し頑張ります」と本戦へ力強く誓った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)