弥刀東、1点差競り勝ち7年ぶり代表切符…第47回関西秋季大会大阪中央支部予選

2017年10月13日7時0分  スポーツ報知
  • 弥刀東ナインは7年ぶりの代表決定にガッツポーズで喜んだ

 ◆第47回関西秋季大会大阪中央支部予選 ◇中学生の部▽代表決定戦 弥刀東ボーイズ3―2松原ボーイズ(7日・金岡球場)

 「第47回関西秋季大会」代表決定戦が行われ、大阪中央支部は大阪八尾ボーイズ、藤井寺ボーイズ、弥刀東ボーイズが代表を決めた。これで小学生・中学生とも出場全チームが出そろい、21日に兵庫・淡路佐野第一野球場などで開幕する。

 弥刀東が松原に競り勝ち、7年ぶりに代表の座を勝ち取った。

 主将の先発・杉元がマウンド上で躍動した。「四球を出さないように気をつけた」と伸びのある直球に、効果的なチェンジアップを交え、時おり帽子を飛ばしながら、2失点完投。松原打線から10三振を奪う力投を見せ、勝利の瞬間、ナインと歓喜の輪をつくった。

 2回に先取点を奪われたが、4回無死一塁で打席に立った3番・伊藤が「流れを変えたい」と、右翼へ同点三塁打。続く4番・國澤がスクイズを決め、勝ち越した。その裏同点に追いつかれたが、直後の5回に2死一、二塁から2番・大城が「打つことしか頭になかった」と左翼へ決勝打を放ち、逃げ切った。

 福丸監督は「よく粘った。投手陣を中心に、守備の精度を上げて、本戦に臨みます」。杉元も「(本戦は)いい打者が来ると思うので、バックを信頼して、低めで打たせて取る投球をしたいです」と本戦へ意欲を見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)