堺南、完封勝利で決勝進出…第42回大淀大会

2017年10月20日7時0分  スポーツ報知
  • 完封した堺南の小西

 ◆第42回大淀大会 ◇小学生の部▽準決勝 堺南ボーイズ4―0高石ボーイズ(15日・本庄球場)

 「第42回大淀大会」小学生の部は堺南ボーイズが完封勝ちで決勝進出を決めた。

 堺南が5回の集中打で高石を下し、決勝にコマを進めた。先発・小西は高石打線を4安打に抑え完封した。

 1点リードの5回、7番・山本陽の左前打と暴投、内野ゴロでつくった1死三塁に9番・福田が中前に鮮やかに打ち返して、貴重な追加点。1番・遠藤、2番・鳴戸も安打で続き福田を迎え入れると、さらに2死満塁から5番・小西が左前適時打を放った。

 守っては、小西の好投が光った。高石の角田主将が「速い球、遅い球、抜いた球と3種類あって打ちにくかった」と悔しがったように、つけいるスキを与えなかった。「球数も少なく良かった」と徳井監督も絶賛。小西は「自分でも指の感覚が良くて、気持ち良く投げられた」と納得の表情だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)