大阪堀江、3アーチで4強決めた…第6回関西キッズドリーム大会

2017年11月8日7時0分  スポーツ報知
  • バットに本塁打記念のボールを乗せガッツポーズする大阪堀江の(左から)石田、後藤、西田

 ◆第6回関西キッズドリーム大会 ◇小学生ジュニアの部▽1回戦 大阪堀江ボーイズ8―1八尾河内ボーイズ=4回コールド=(5日・忠岡ボーイズ専用球場)

 関西キッズドリーム大会は決勝トーナメント1回戦4試合が行われ、大阪堀江ボーイズが3本塁打など4回コールド勝ちで4強入りを決めた。

 3本の本塁打攻勢をかけた大阪堀江が、八尾河内を4回コールドで破り、ベスト4に進出した。

 初回、俊足の1番・後藤が内野安打で出塁。すかさず二盗を決めると、打撃好調の2番・中川が先制三塁打を放ち、流れに乗った。さらに、先発投手も務める3番・西田が「打撃に集中し、思い切り振った」と自らを援護する2ラン。大喜びのナインに迎えられた。

 普段はレギュラーチームで二塁と遊撃もこなす西田は、投球でも八尾河内打線を4回1安打に抑え「とにかくストライクを取ることに集中した。お父さんが作ってくれる自主トレのメニューで毎日、頑張っています」と胸を張った。

 3回には、先頭の5番・石田が本塁打を放ち「試合前に、みんなの目標を話し合った。僕は狙い球を絞って打つことにし、高めの直球が来たので思い切り振りました」。打線はこの2本の本塁打に引っ張られ、盛り上がった。

 4回にも、先頭の後藤がダメ押しのソロ本塁打。足と腕の負傷から復帰し、ぶっつけ本番だった後藤は「外野の頭を越えるのが目標だった」と笑顔を見せた。この後も中川が3打席連続安打などで続き、2死後には7番・石原の適時打で8点目を挙げ、勝負を決めた。

ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)