大阪八尾、4本塁打で12点!打撃戦制し4強…第6回関西キッズドリーム大会

2017年11月8日7時0分  スポーツ報知
  • 本塁打を放った大阪八尾の4人は、記念ボールを披露(前列左から川辺、永山、岩本、播口)

 ◆第6回関西キッズドリーム大会 ◇小学生ジュニアの部▽1回戦 大阪八尾ボーイズ12―7ナガセボーイズ=4回時間切れ=(5日・忠岡ボーイズ専用球場)

 関西キッズドリーム大会は決勝トーナメント1回戦4試合が行われ、大阪八尾ボーイズは4アーチを放ち快勝した。

 「回れ、回れ」と大阪八尾のベンチから、何度も声援が飛んだ。大阪八尾が4本の本塁打などで打撃戦を制し、ナガセに逆転勝ちした。

 初回に2ランなどで4点を先行され、出はなをくじかれた。それでも、2回1死三塁、7番・杉村の適時打でナインが奮起。2死三塁では、9番・川辺が「勝ち残りたい」と2ランを放ち、流れを大きく引き寄せた。

 2番・岩本の同点打、3番・久保の勝ち越し打と続き、なおも2死三塁で4番・播口が「逆転したので思いきり振った」と2ラン。打者10人を送る猛攻で一挙7点を奪った。

 2点差に詰め寄られた3回には2死一、二塁から1番・永山が3ラン。さらに岩本も「本塁打を狙った」と、2者連続本塁打で11点目を挙げ、勝負を決めた。山本監督は「投手の調整遅れで、乱打戦は予想していた。2年前の優勝を思い出して頑張る」と決意を新たにしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)