東広島、打撃戦を制し準決勝進出決める!…第7回中四国秋季大会

2017年11月10日7時0分  スポーツ報知
  • 4強進出の東広島ナイン

 ◆第7回中四国秋季大会 ◇中学生の部▽準々決勝 東広島ボーイズ9―5川之江ボーイズ(3日・落合球場)

 「第7回中四国秋季大会」は準々決勝が行われ、東広島ボーイズが打撃戦を制し、準決勝に駒を進めた。

 東広島が接戦の末、川之江を振り切り、準決勝進出を決めた。

 初回に3点を先行され「うちはピッチャーが課題の一つ」と顔をしかめた森兼監督。だが、自慢の打線はその裏、すかさず1点を返した。3回には川之江・稲毛の三塁打で追加点を許したが、「逆転する自信はありました」と中本主将。直後に4番・谷頭の安打を足がかりに、1番・大元が「カーブの先っぽだったが、大振りにならないようコンパクトに打った」と逆転二塁打を放つなど、3点を奪った。

 5回に1点差に詰め寄られたものの、6回には谷頭、古川、城本の3長短打で3点を加え、決着をつけた。5回途中からリリーフの谷頭は「力で押した。ストレートも走っていた。先発、抑え何でももやります」と意気込みを見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)