八頭、攻守ガッチリ!全国切符勝ち取った…第48回春季全国大会山陰支部予選

2017年12月8日7時0分  スポーツ報知
  • 全国出場を決めた八頭ナイン

 ◆第48回春季全国大会山陰支部予選 ◇中学生の部▽決勝 八頭ボーイズ9―3大山ボーイズ(26日・岩美町営野球場)

 「第48回春季全国大会」山陰支部予選は中学生の部で八頭ボーイズが頂点に立ち、全国切符を勝ち取った。

 攻守にまとまりを見せた八頭が、来年の春季全国大会出場を決めた。

 初回のピンチを切り抜けた八頭はその裏、相手バッテリーのミスから先取点を奪うと、2回は1番・手槌が中前適時打。「相手のミスをつき、細かい野球もやりながら常に優位に加点できた」と大田監督はご満悦だった。

 バックの好守に元気をもらったエースの鈴木は「スライダーが切れていたが、ピンチの時は思い切りストレートを投げ込んだ」。3回2死二、三塁の場面では相手の中軸に内角直球で勝負し、三ゴロ。キャプテンの捕手・荒川は「あの場面は最高だった。ゲームの分岐点となった」と胸を張った。

 3安打の3番・宮田を含め、1~5番までの上位打線で10安打の快勝。2安打の手槌、2番・小林は「楽しく野球ができた。基本はセンター返しだが、これからへ向けて、いい勉強にもなった」と声をそろえ、全国舞台へ手応えをつかんだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)