【週間投げ釣り情報】宮城・石巻で大型ホシガレイ60センチ

2017年3月16日7時0分  スポーツ報知
  • 石巻で大型ホシガレイを釣った東海林さん 

 大阪・淀川河口で高石サーフの内山会長が、半夜釣りでキビレ37~41センチ4尾。餌はマムシ。

 和歌山マリーナシティで全日本サーフ大阪協会(池田譲治会長)がスポーツ・キャスティング大会を開催した。各種目の最長飛距離を挙げる(いずれの種目も道糸ナイロン2号、オモリ25号)。

 ▽セーフティ投法の部 滋賀投友会の大宮さんが166・62メートル。

 ▽5種目の部 大阪アングラーズの中野さんが169・25メートル。

 兵庫・明石大橋下でGACサーフの鈴記さんがアブラメ25センチ、マコガレイ28と37センチ。餌はアオイソメ。武庫川河口に貝塚サーフの古家さんが2回釣行し、1回目はキビレ31~42センチ11尾、2回目はキビレ33~40センチ9尾の大釣り。餌はマムシ。

 愛知・渥美半島一帯で三河サーフ(稲垣武利会長)と中京サーフ(平野景雄会長)が合同で例会を開催した。主な釣果を挙げる。日出の石門で三河サーフの鎌田さんがアブラメ39・6センチとハネ54センチ、長田さんがアブラメ27・2センチ。越戸で中京サーフの中井さんがアブラメ39・3センチ。とこはるで三河サーフの近藤さんがアブラメ35・2センチ、伊藤さんがアブラメ23・5センチ。西浜で三河サーフの朝倉さんがイシガレイ32・7センチ、松井さんがイシガレイ29・8センチ。

 島根・境水道で東住吉サーフの島岡会長が良型キス20~26センチ13尾とハネ45センチ、同行した畝木さんがキス27センチ。カレイとアブラメは不発。

 宮城・石巻で仙台広瀬キャスターズの東海林さんがマコガレイ40センチと大型ホシガレイ60センチ(2・5キロ)。強烈な引きに耐えて取り込んだ超大物。餌はアオイソメの房掛けだった。(報知APG・野村 道雄)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
釣り
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)