【週間投げ釣り情報】和歌山・煙樹ケ浜でアカシタビラメ55・6センチ

2018年1月11日7時0分  スポーツ報知
  • 和歌山・煙樹ケ浜で大型アカシタビラメを釣った深田さん

 大阪・岸和田一文字で西大阪サーフの大野健太郎会長がマコガレイ30~32センチ3尾。同じく岸和田一文字で貝塚サーフの乾雅典さんがマコガレイ22~39.2センチ10尾、乾亜留斗さんがマコガレイ30センチ2尾。餌はアオイソメ。

 釣り場自由で全日本サーフ和歌山協会(伊東正八会長)が納竿大会を開催し、一般参加者を含む29人が参加した。主な釣果を挙げる。和歌山・美浜町煙樹ケ浜で和歌山サーフの深田吉宜会長が大型アカシタビラメ55.6センチ。紀ノ川河口でサーフ紀州の玉井さんがマゴチ49.3センチ、同クラブの山科佳則会長がキス24.8センチ、サーフきのくにの笹本貴生会長がキビレ35.5センチ、サーフ紀州の山下さんがキビレ32.7センチ。

 同じく釣り場自由で全日本サーフ徳島協会(尾形丹士会長)が納竿カレイ釣り大会を開催し35人が参加した。各部門の主な釣果を挙げる。

 ▽カレイの部 徳島・津田海岸町で悠友サーフの川野さんがイシガレイ50センチ、マコガレイ32センチ、キス26と27.3センチ。餌はマムシとアオイソメ。撫養川河口で徳島セントラルサーフの柳本さんがマコガレイ39センチまでを6尾。餌はマムシ。

 ▽他魚の部 薬師裏で徳島ひげサーフの大西さんがマゴチ50と60.8センチ。餌は生きアジ。吉野川河口で徳島キャスターズクラブの千葉さんがニベ44.1センチまでを3尾とキビレ31~35センチ3尾。餌はマムシ。

 鹿児島・薩摩川内市上甑町浦内湾で貝塚サーフの濱田さんがイトヨリ33~35センチ3尾。餌はアオイソメを使った。(報知APG・野村 道雄)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
釣り
今日のスポーツ報知(東京版)