なだぎ武、グラドル萌木七海と真剣交際!22歳差カップル

2015年8月12日5時0分  スポーツ報知

 お笑いユニット「ザ・プラン9」の元メンバーで現在はピン芸人として活動する、なだぎ武(44)が、Gカップグラドルの萌木七海(22)と真剣交際していることが11日、スポーツ報知の取材で分かった。

 複数の関係者によると、仕事を通じて意気投合し、今年6月頃から恋人関係になったという。元交際相手のタレント・友近(42)より先にゴールインする可能性もありそうだ。

 友近との破局から約5年、ついに、なだぎに春が来た。お相手は身長173センチの高身長に、Gカップのぷるるんバストを誇る人気グラビアアイドルの萌木。22歳離れた年の差カップルの誕生だ。

 複数の関係者の話を総合すると、2人は仕事で共演し、意気投合。今年6月に入って友人関係から交際に発展した。ほぼ毎日のようにお互いの自宅を行き来しており、仲良く食事する姿などが度々、目撃されている。

 萌木はアイドルユニット「桜丘ショコラ」のメンバーとしても活躍。現在、東京・新大久保の東京グローブ座で舞台「カンコンキンシアター29『クドい!』」に出演している。8日のツイッターで、なだぎが観劇に来たことを2ショット写真付きで報告。「ありがとうございました♪ 写真こんな顔しなくてもいいのに!笑」と、おどけた顔をする恋人を紹介していた。

 なだぎは06年に友近との交際が発覚。2人で米国ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」のパロディー「ディラン&キャサリン」のコントを行うなど、公私でパートナーとなった。しかし、多忙によるすれ違いが原因で10年に破局。友近は「円満破局という言葉をつくりたいくらい」と説明した。その後、友近は関西在住で5歳年上の一般男性と交際。一部では結婚と報じられていたが、今年8月9日のイベントで自ら「雲行きは怪しい」と破局危機をほのめかした。

 元恋人とは対照的に“2代目キャサリン”とラブラブ状態のなだぎ。2人は周囲に真剣交際であることを伝えている。このまま一気に結婚まで突っ走る可能性もありそうだ。なだぎは12日に都内で即興ライブ「THE EMPTY STAGE」に、萌木も「カンコンキン―」に出演予定。対応が注目される。

 ◆なだぎ武(なだぎ・たけし)1970年10月9日、大阪府生まれ。44歳。89年にNSC大阪校の8期生として入学し、同期とお笑いコンビ「スミス夫人」を結成。01年に解散。02年にお笑いユニット「ザ・プラン9」に加入、15年5月に脱退。07、08年にピン芸人日本一を決める「R―1ぐらんぷり」を連覇した。

 ◆萌木 七海(もえぎ・ななみ)1993年5月27日、埼玉県生まれ。22歳。12年に初DVDを発売。日本テレビ系次世代アイドル発掘バラエティー「人気者になろう!」(木曜・深夜1時29分)にレギュラー出演中。身長173センチ、B88・W59・H90センチ。趣味は料理。音を聞き分ける能力・絶対音感を持つ。

熱愛&おめでた
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ