清原和博氏、薬物疑惑に初言及「ないです!かぜ薬は飲みます」

2015年8月28日20時42分  スポーツ報知

 元プロ野球選手の清原和博氏が28日、フジテレビ系「ダウンタウンなうSP」に出演した。番組内で「小さい頃からの憧れだった」と胸の入れ墨を見せたり、週刊誌で騒がれた薬物問題など自らの口で言及した。

 ダウンタウンの松本人志、浜田雅功と俳優の坂上忍が飲み屋をハシゴ。行く先々で問題を抱えたゲストが待ち構え、悩みなどを告白していくというもの。3軒目ですでに酔いが入った浜田が「もう言うわ! クスリやってんの?」とストレートに質問。清原は「かぜ薬は飲みますけど」と笑いを誘った後で「ないです」とキッパリ否定した。薬物使用の事実が無いにも関わらず騒動になったことについては「清原でなかったら、こうならなかっただろう」「やっぱり恨み、つらみを買っているんですよ」と振り返った。噂の出所についても「コイツとコイツやろうな、というのはあった」と話した。

 またプロ引退セレモニーでは楽曲を流すなど懇意にしていた歌手の長渕剛について、松本が「殴り合いの大げんかをしたという都市伝説は本当?」と質問。これについても「モメたことはないです」と否定。ただ昨年の騒動以降、あまり連絡は取っていないことを明らかにした。

 現在は野球の仕事から遠ざかっているが、今後は野球界に戻りたい気持ちを告白。「日本にはお金持ちはたくさんいるが、プロ野球の監督は12人しかいない」と憧れを語った。「関西の巨匠」と敬うダウンタウンに「是非、野球界に戻ってほしい」とエールを送られ、笑顔を見せていた。

 ◆清原 和博(きよはら・かずひろ) 1967年8月18日、大阪・岸和田生まれ。48歳。PL高校時代に元巨人・桑田真澄氏とともに春、夏合わせて甲子園に5度出場。1年、3年の夏に優勝を果たした。85年のドラフト会議では入団を熱望していた巨人は桑田を指名。自らは西武に入団となった。その後は巨人、オリックスで活躍。通算本塁打数は史上5位の525本。2008年に現役引退した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ