【紅白】中居、初司会のイノッチに太鼓判「全く心配ない」

2015年12月30日13時23分  スポーツ報知

 ◆第66回NHK紅白歌合戦リハーサル(30日、東京・渋谷NHKホール)

 23回目の出場のSMAPは「This is SMAPメドレー」と題して「Triangle」をしっとりと、「Otherside」をダンスで披露する。

 本番では、今年「NHKのど自慢」で訪れた東日本大震災の被災地である岩手県山田町と中継を結ぶ。のど自慢での体験を「歌の力を知ることができました」と香取慎吾(38)。「もしかして(司会のオファーが)来るかと思ったらイノッチ(井ノ原快彦)でした。イノッチとは仲良しで昔は実家に遊びに行ったりしてた。イノッチ頑張って!」と同い年の井ノ原にエールを送った。

 初司会の井ノ原へのアドバイスは?との質問に、過去6回司会を務めた中居正広(43)は「前に(NHK『思い出のメロディー』で)司会しているのを見たことがあって、うまいなあ、誰かに習ったのかなあって思ってた。全く心配ない」と太鼓判を押した。

 1年を表す漢字1文字として稲垣吾郎(42)は「歌」挙げた。「のど自慢で地方に行って、いつも泊まらないような小さなホテルに泊まったりして」と言うと、すかさず中居が「いつも大きいとこに泊まってるみたいでイヤな感じ~」。「そうじゃなくて、なんか初心に帰ったというか昔を思い出して」と稲垣があわてて言い訳し、SMAPらしく笑いをとった。

 紅白のリハーサルを終えての感想を草ナギ剛(41)は「戦後70年ということで、それに合わせた演出がすごく良かったです」。木村拓哉(43)は「紅白が終わってから人が通りに出てくるとか、生活のサイクルへの浸透感がすごい。自分たちもリハーサルにルーティンとして参加させていただくことを、本当に名誉なことだと再確認しました」と真剣な表情で語った。

ジャニーズ
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ