SMAPファンがSNSに「世界に一つだけの花購買運動」タグ 解散阻止に立ち上がる

2016年1月14日14時9分  スポーツ報知

 チーフマネジャーのジャニーズ事務所退社を発端に、分裂が決定的と伝えられる人気アイドルグループ・SMAPのファンが、ツイッターで「#世界に一つだけの花」「#世界に一つだけの花購買運動」「#SMAPは終わらせない」などのタグを作ってSMAPの代表曲である「世界に一つだけの花」(2003年発売、作詞、作曲、編曲・槙原敬之)の購買を呼び掛ける運動を始めた。

 タグは日本語以外に英語、ハングル語、中国語でも作られ拡散。その動きを受け、すでに大手通販サイトでは「一時的に在庫切れ」と表示され、大手CDショップでも「在庫切れで19日以降に入荷します」などと案内されている。

 「世界に-」は累計で258万枚を売り上げており、ファンは「トリプルミリオン(300万枚)を目指そう」と勢いづいている。

 解散危機の理由が、長くSMAPを見てきた女性チーフマネジャーと同事務所のメリー喜多川副社長との対立が原因と報道され、メンバーの意思と違うところで事態が進んでいることがわかってきた。応援するファンはいてもたってもいられず、まず「数字」に表すことでグループ存続への道を切り開こうとしている。

 ツイッターには「こんなことをしても喜ぶのはマッキー(槙原敬之)だけ」のような否定的なコメントもあるが、多くは「とりあえず買いに行くよ!」「売り切れだったからネットで予約してきました」「CDショップに行ったら最後の1枚だったよ」など、運動に賛同する声が並んでいる。

 こういったファンの気持ちや声を事務所は無視できるのか。対応次第では事務所のタレント全体の印象やCD、DVDの売り上げにも影響しかねないだけに、対応が注目される。

 ◆「世界に一つだけの花」 2002年発売のアルバム「SMAP 015/Drink!Smap!」に収録。その後、草ナギ剛主演のフジテレビ系ドラマ「僕の生きる道」の主題歌となると、シングル・カットの要望が多数寄せられ、メンバーの歌唱パートの入れ替えなどアレンジが行われ、03年3月に「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」としてシングル発売。累計販売数は258万枚を超えている。教科書に採用されたほか、09年に放送された「ミュージックステーション」のアンケート「あなたとアーティストが選ぶ新・国民的名曲」、15年9月に放送された「ミュージックステーション ウルトラFES」のアンケート「世界に誇るニッポンの歌BEST100」でもそれぞれ1位に選ばれるなど広い世代で人気が高い。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)