SMAP騒動、さんま「知ってた」メリー氏と対面「双方正しい…」

2016年1月17日6時0分  スポーツ報知

 タレントの明石家さんま(60)が16日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜・後10時)で独立騒動に揺れるSMAPについて語った。昨年末に日テレ系「さんま&SMAP 美女と野獣のクリスマス」、元日にフジテレビ系「さんタク」でメンバーと共演。「いろいろ悩んでたんでしょうけど、とんでもなくやりにくかった。早く時よ過ぎてくれと思った」とメンバーの胸中を察しながら収録に臨んだ思いを明かした。

 長年の親交がありながら、今回の収録では普段とはまったく様子が違ったという。「一人一人の(トークの)かぶせがすごく少ない感じで進んでた。俺はうすうす事情を知ってたから、仲良くしろよという感じがあった。本人たちは一生懸命やってるけど、空気が…」と当時を振り返った。

 騒動については、2か月ほど前から知っていたという。「ひょっとしたら紅白で発表するんじゃないかとか、この2か月はちょっとだけ振り回された」と心配する一方で、大騒動に発展した現状に「国民的アイドルがこういうことになるとは夢にも思わなかった」と驚きを隠さなかった。

 また独立騒動では、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長とSMAPの女性マネジャーの対立が取りざたされている。さんま自身も長年、芸能界を生き抜いてきただけに、この世界の事情も熟知している。年末に偶然、メリー氏と飲食店で会ったことを明かし「双方正しい。マネジャーの言い分もものすごく分かる。ただ会社の言い分はもっと分かる」と持論を展開した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)