「ゆうゆうワイド」後番組MCにジェーン・スーさん…午前11時から2時間生放送

2016年1月23日21時40分  スポーツ報知

 4月8日で終了するTBSラジオの情報生番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」(月~金・午前8時30分~午後1時)の後継番組を、作詞家でコラムニストのジェーン・スーさん(42、本名非公表)が担当することが23日分かった。この日、TBSラジオで放送されたスーさんの番組「ジェーン・スー 相談は踊る」(土曜・午後7時)で発表された。

 スーさんが担当するのは月~金曜の午前11時から午後1時までの2時間で、番組名は「ジェーン・スー 生活は踊る」。4月11日からスタートする。スーさんは「全く新しい生活情報番組」を目指すと意欲を見せた。

 終了する「ゆうゆうワイド」の後番組は、タレントの伊集院光(48)が午前8時30分から11時までを担当することが既に判明。スーさんは、11時からの後番組を担当することになる。

 「ゆうゆうワイド」はフリーアナウンサーの大沢悠里さん(74)がパーソナリティーを務め、1986年から30年続くTBSを代表する人気長寿番組。その後枠だけにかかるプレッシャーも大きいが、放送で新番組担当を発表すると、リスナーからは応援のメッセージが相次いだ。スーさんは「この番組を始めてきょうが一番皆さんに励まされてます」と話した。

 スーさんは東京生まれ、東京育ちの生粋の日本人。作詞家やコラムニストとして活躍し、2013年に刊行した初の書籍「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」(ポプラ社刊)はドラマ化もされた。

 新番組スタートにともない、現在放送している「ジェーン・スー 相談は踊る」は今春で終了となる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)