中居&ベッキー、ノリノリ収録 騒動後「金スマ」で渦中の2人初共演

2016年1月24日6時0分  スポーツ報知

 SMAP・中居正広(43)とタレント・ベッキー(31)が23日夜、東京・赤坂のTBSで同局系「中居正広の金曜日のスマたちへ」(金曜・後9時)の収録(放送日未定)に臨んだ。グループの解散・分裂騒動に揺れた中居と、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫騒動の渦中にあるベッキー。番組関係者によると、2人とも騒動に触れることなく、順調に収録をこなしたという。

 年明けから日本中で話題の中心となっている2人が、お互いの騒動発覚後、初めて対面した。番組関係者によると、この日はプロ野球・DeNA前監督の中畑清氏(62)がゲスト出演。テレビ関係者は、進行役の中居の様子について「好きな野球に関わるゲストだったので、テンションが上がっているようだった」とし、パネリストのベッキーについても「明るい感じでスタジオに入っていった」と明かした。中居は新年初収録の恒例にしている、共演者やスタッフらに約150人分の老舗すし屋の差し入れを用意。1人前1000円としても15万円の出費だが、感謝を示した。

 CM契約の解除を求められるなど厳しい立場に置かれているベッキーの一方、中居は徐々に落ち着きを取り戻しつつある。18日にはフジテレビ系「SMAP×SMAP」(月曜・後10時15分)に緊急生出演して騒動を謝罪しながら、どこか表情もうつろで、まだ割り切れていない様子だった。だが、21日の「スマスマ」の収録後には近藤真彦(51)の号令でジャニーズ事務所の先輩後輩が集まった大食事会に、メンバー5人そろって出席。マッチの「事務所一丸となって頑張ろう」という声の下で再出発した。

 この日夜には事前収録のニッポン放送「中居正広のSome girl’S SMAP」も放送された。騒動前と仕事の数は変わらない。これからは順調に仕事をこなしていくことで、かつての日常を取り戻していく。

ジャニーズ
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)