【ブルーリボン賞】主演男優賞・大泉洋、涙「うぁーっ」

2016年1月27日6時0分  スポーツ報知

 東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第58回ブルーリボン賞」が26日、決まった。主演男優賞は「駆込み女と駆出し男」に主演した大泉洋(42)が選ばれた。授賞式は2月9日、東京・内幸町のイイノホールで行われる。

 俳優の大泉は約20年の芸能生活で初受賞。マネジャーからの吉報に「うぁーっ」と思わず声を出した。「まさかもらえるとは。涙腺緩みましたよ」。「駆込み女と駆出し男」では、縁切り寺に逃げてきた女性を支える医者見習い兼戯作者役。持ち味の軽妙さを存分に生かしての好演だった。

 役に専念するため、長年続けていたラジオ番組をやめた。結果を出さなければ「ラジオに対して申し訳ないとも思っていました」。主演賞コンビが翌年の授賞式の司会を務める。「賞の歴史を傷つけず、バラエティー化しないようにしないと」。早くも司会の抱負まで語っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)