ベッキー休業へ、レギュラー11本中5本出演見合わせ…30日会見予定も一転白紙に

2016年1月30日6時0分  スポーツ報知

 バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん、27)と不倫騒動の渦中にあるタレントのベッキー(31)が休業することが29日、分かった。関係者によると心身ともに憔悴(しょうすい)しきっているため。事務所はフジテレビ系「にじいろジーン」(土曜・午前8時30分)を制作する関西テレビに対して、30日の生放送から当面、出演を見合わせると申し入れ。この日までにレギュラー11番組中5つを休むことが決まり、近く全番組に広がる方向だ。

 騒動発覚から23日たったこの日、ベッキーが初めてレギュラー番組を休むことが発表された。関西テレビは「所属事務所のサンミュージック様から申し出があり、協議の結果、1月30日の放送より当面の間、番組出演を見合わせる運びとなりました」とコメント。22日には福井澄郎社長が「通常どおり放送していく」と発言したばかりだった。事務所は同局に「土曜日の朝、大阪での生放送ということもあり、本人の体調にかんがみると司会の役割を担いきれない」と説明した。

 ベッキーはBSスカパー!の音楽番組を含めテレビ10本、ラジオ1本にレギュラー出演。日本テレビとテレビ東京には、この日までに所属事務所から当面出演を見合わせる申し入れがあった。いずれも今後の収録には参加せず、収録済みの分は放送する。TBSは「制作過程のことはお答えできない」とコメント。TOKYO FMは「現時点で事務所からは正式な連絡がない」と答えたが、週明けにも出演見合わせとなるようだ。

 ベッキーは、28日に日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」の収録に参加。オフだった29日から事実上の休業に入ったとみられる。

 都内にある所属事務所はこの日、各局への出演見合わせの連絡など対応に追われ、幹部らが今後の対策を協議した。具体的な休業期間などは「関係各所と調整中で、詳細は申し上げられない」と明言しなかった。また、川谷との関係について「(報道以降は)1度も会っていないし、交際はしていません」と話した。

 テレビ関係者は「番組の本番ではプロなので明るく笑顔で振る舞っているが、終了後はぐったりしている」と肉体的、精神的に追い込まれているという。出演CMも契約打ち切りや更新しない企業が出るなど騒動はさらに悪化していた。

 ベッキーは自らの口で騒動を語るため30日にも会見を開く準備が進められていたが、関係者によると白紙になった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)