長谷川豊アナ「『友達で押し通す予定』というラインは存在しない」ベッキー騒動に新展開か

2016年2月2日16時4分  スポーツ報知

 元フジテレビで現在はフリーで活動している長谷川豊アナ(40)が2日、タレントのベッキー(31)と人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)の不倫騒動についてブログを更新し、騒動が再燃するきっかけになった2人のLINEのやりとりの存在を否定した。

 今回の不倫疑惑について、自らも取材をしているという長谷川アナは、週刊文春が最初に報じた長崎への旅行について、行くことを知っていたのは2人以外には川谷の妻しかいなかった、と指摘。その後、妻が文春に独占告白したことに、「ベッキーがテレビに出ていることへの強い強い嫌悪感」を感じるとした上で、一連の報道の出発地点には、「『ベッキーをつぶしたい!』という『圧倒的な攻撃的意思』が見え隠れする」との見解を示した。

 そして「私が確認した限りでは『友達で押し通す予定』というラインは存在しない。この一文はねつ造のはずです」「両者ともに、周囲に強く『こんなライン、送ってない』と言っている、という事実だけは言っておきます」と、騒動再燃する原因となったLINEのやりとりの存在を否定した。

 長谷川アナは1日に更新したブログでもベッキー問題を取り上げ、川谷のLINE流出について「あのラインの画面を文春さんに持ち込んだのは当然、奥さんです」とした上で、「すでにサイバー警察が動いてます」と断言。「3人の中で、完全にダントツで一番ダメな行為をしているのはゲス谷君の奥さんであることは法治国家日本において明白です」と記していた。

 この日のブログでは、「今晩か明日…明日かなぁ…直筆か何かで『対応』があると思いますよ?あの子、字、綺麗だから。それ読んで、私を叩いてた連中はみんな反省して下さい。どれだけ『誤解したまま攻撃してたか』理解してほしいと思います」とも記しており、ベッキー側が何らかの対応を取る可能性を示唆した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ