「うたのお姉さん」三谷たくみ、涙の卒業!自ら申し出「やりきれた」

2016年2月13日6時0分  スポーツ報知

 NHK・Eテレの子ども向け番組「おかあさんといっしょ」(月~土曜・前8時)の「うたのお姉さん」が8年ぶりに交代することになり、21代目の新お姉さんに決まった小野あつこ(年齢非公表)が12日、東京・渋谷の同局で取材会を行った。

 20代目・三谷たくみからバトンを受け取った小野は、4月4日の放送から登場予定。オーディションで選ばれたといい「小さい頃から音楽と子どもが大好きだった。近所のお姉さん感覚で親しんでほしい」と呼びかけた。現在は都内の音大の大学院で声楽を学んでおり、フランスやロシアのクラシック歌曲が専門。「ジャンルにこだわらず心から音楽を届けていきたい」と意気込んだ。

 歴代最長タイの8年間お姉さんを務めた三谷は「卒業は、私の方から言わせていただいた。いろんな子どもたちと出会え、やりきれたと思った」と卒業までの経緯を告白。8年コンビを組み、4月からも続投する「うたのお兄さん」の横山だいすけからねぎらわれると感極まり涙をこぼした。今後については「芸能事務所などには入らずに、ゆっくり過ごそうかと思っています」と語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)