松岡茉優が本人役でドラマ主演!「おこだわり」明らかに

2016年2月14日6時0分  スポーツ報知

 女優の松岡茉優(20)が、4月期のテレビ東京系連続ドキュメンタリードラマ「その『おこだわり』、私にもくれよ!」(金曜・深夜0時52分)で主演することが13日、分かった。

 何かに対する異常な執着、「おこだわり」を持つ人々を描いた清野とおる氏のノンフィクション漫画を実写化。昨年の同局系「山田孝之の東京都北区赤羽」を成功に導いたドキュメンタリーの名手・松江哲明監督からのラブコールに応えた本人役での主演で、こだわる人物たちを掘り下げつつ、松岡の本音や自身の「おこだわり」も明らかになる。

 2008年から2年間、テレ東の子ども番組「おはスタ」のおはガールを務めていた松岡は「初めてレギュラーをもらった仕事。やっとテレ東さんに恩返しできる」と大喜び。素顔が暴かれそうな危ない企画に「『脚本は無視していい』なんて言われたのは初めて。テレビで私の何を流されてしまうのでしょう。楽屋にいても、どこかで撮られているんじゃないかと思って着替えるのをやめました(笑い)」とおびえている。

 プライベートで親友の女優・伊藤沙莉(21)も相棒役で登場、リアルな会話も注目だ。松江監督は「現実を撮ることの面白さを松岡さんに知ってもらいたい。(インターネット上での)炎上も望むところです」と不敵な笑み。撮影は始まったばかり。20歳から21歳にかけての過渡期の作品に、松岡は「普通、20歳の記念って写真集とかなのに、私はコレなのか…」と頭を抱えつつ「好感度命でやっているので、なんとか守り抜きたい」と必死に語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ