橋下氏、羽鳥アナとタッグ!8年ぶりレギュラー番組に復帰

2016年2月16日6時0分  スポーツ報知

 昨年12月に大阪市長を退任し、政界から引退した橋下徹氏(46)が8年ぶりにバラエティー復帰することが15日、発表された。テレビ朝日系「橋下×羽鳥の新番組!(仮題)」(4月スタート、月曜・深夜0時30分)で、フリーアナウンサー・羽鳥慎一(44)とタッグを組む。

 2008年1月に大阪府知事選に初当選するまで“茶髪弁護士”としてタレント活動も行っていた橋下氏。歯に衣(きぬ)着せぬ発言で人気を集め、同局系「スーパーモーニング」や日本テレビ系「行列のできる法律相談所」などテレビ、ラジオ合わせて9本のレギュラー番組を抱えていたが、出馬に伴いすべて降板した。

 満を持しての「新番組!」と思いきや、番組タイトルも内容も未定という前代未聞のスタート。まず3月23日に“パイロット版”として、3時間特番「橋下×羽鳥の新番組始めます!(仮題)」(後7時)を放送する。同特番では、羽鳥が日本中で話題になっている旬な人物やモノを橋下氏に紹介する「橋下ちゃんに教えてあげる!~今、ニッポンのリアルはこんな感じですよ~(仮題)」など3つの企画を用意。しっくりくるものがあれば、4月からのレギュラー番組で採用し、なければレギュラー放送の中で引き続き内容を模索していく。採用した企画によって新番組のタイトルも変えるという。

 橋下氏は「政治家になる前はテレビでかなり無理してましたので、もうあのようにはできません。今回は普通に、そして政治家の経験を少しでも生かすことができればと思います」。早大政経学部経済学科の後輩でもある羽鳥とは初対面で「ちょっとさわやか過ぎて、画面に一緒に並ぶのが嫌な感じです」と苦笑いだ。一方の羽鳥は「人に嫌われることを恐れずに生きてきた橋下さんと、人に嫌われることを恐れてきた羽鳥との化学反応をぜひ、ご期待ください」と呼びかけた。同枠で放送中の「ビートたけしのTVタックル」が他の曜日に移るかなどは未定。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ