押切もえ、ロッテ・涌井と熱愛!最多勝右腕の“直球アプローチ”に押し切られた

2016年2月17日4時0分  スポーツ報知

 モデルの押切もえ(36)がロッテの涌井秀章投手(29)と結婚を視野に入れて真剣交際していることが16日、分かった。15日のイベントで新恋人の存在を明かした押切の所属事務所が明らかにした。約3年前に共通の知人の紹介で知り合い、昨年9月に交際に発展。押切は2009年に、巨人の投手だった野間口貴彦さん(32)と破局しており、それ以来、プロ野球選手は敬遠していたが、涌井の猛アタックに押し切られたという。

 まさかのビッグカップルが誕生した。人気モデルの押切と、昨季15勝を挙げパ・リーグの最多勝投手に輝いた涌井。昨年9月からひそかに、そして着実に愛を育んでいた。

 関係者によると、2人の出会いは2013年の冬。共通の知人の紹介で食事をした。ちょうど涌井が西武からロッテに移籍した時期。ともに千葉出身と共通項は多かったが、いきなり恋愛関係に発展したわけではなかった。

 押切は09年夏、巨人で活躍した野間口さんとの4年間の恋に終止符を打った。苦い経験からそれ以来、周囲には「プロ野球選手はちょっと…」と話すようになったという。しかし、涌井は出会った当初から交際を申し込み続けた。14年8月8日のロッテ対西武戦(QVC)で押切が始球式を務めた際には、手取り足取り投げ方を教える涌井の姿があった。

 頻繁に会う関係ではなかったが、猛烈アプローチを受け続け、押切の心も次第に揺れ動いていった。「彼の押しがとても強かったようです」と関係者。昨年9月、2人で将来について話し合い、真剣に交際していくことを決めた。涌井は派手な印象が強いが、押切は「イメージとは違う誠実なところにひかれた」と、ぞっこんだという。涌井は昨季、球宴前の前半戦は6勝7敗の負け越し。そこから後半戦は9勝2敗と、勝ち星を積み重ね、最多勝をつかみとった。後半戦で9勝はパ・リーグでは6勝の5人を大きく引き離してトップ。愛する人の存在がモチベーションとなっていたのは間違いない。

 野間口さんとの破局以来、浮いた話がなく“不幸キャラ”が定着しつつあった押切。よっぽどうれしかったのか、15日のイベントで「好きな人がいます。両思いです」とびっくり発言した。交際の報告は受けていた所属事務所関係者も、まさか自ら口を開くとは思わず大慌て。相手についてさまざまな臆測を呼ぶ中、この日、公表することを決めた。

 結婚について、押切は同イベントで「タイミング。今は恋愛していて幸せなので、続けば結婚になると思います」と言い切った。所属事務所も交際を祝福しており、障害はない。2人は結婚も視野に入れているという。同居はしていないが、押切は最近、手料理の写真をブログにアップすることが増えた。豪華な食事で右腕を支える準備は万端。開幕投手最有力の涌井を“勝利の女神”が見守っている。

 ◆涌井 秀章(わくい・ひであき)1986年6月21日、千葉・松戸市生まれ。29歳。横浜高2年時の2003年センバツで準V。04年夏の甲子園で8強。04年ドラフト1巡目で西武入団。07、09年に最多勝で、09年には沢村賞受賞。08年北京五輪、09、13年WBC日本代表。13年オフに西武からロッテにFA移籍。昨季は15勝9敗で3度目の最多勝獲得。通算成績は326試合に登板し、108勝94敗37セーブ。185センチ、85キロ。右投右打。独身。推定年俸2億2000万円。

 ◆押切 もえ(おしきり・もえ)1979年12月29日、千葉県生まれ。36歳。読者モデルを経て、2001年に雑誌「CanCam」、07年から「AneCan」専属モデル。13年8月、25歳のモデルを主人公にした小説「浅き夢見し」で小説家デビュー。15年9月、油絵「咲くヨウニ」が「第100回二科展」の「絵画部」に入選。身長169センチ。血液型A。

結婚・熱愛
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)