生田斗真「チョー興奮」劇団☆新感線と10年ぶりタッグ

2016年2月18日6時0分  スポーツ報知

 俳優の生田斗真(31)が、10年ぶりに「劇団☆新感線」とタッグを組むことが17日、分かった。8~10月に東京、大阪などで上演(日程未定)される舞台「Vamp Bamboo burn~ヴァン・バン・バーン~」でビジュアル系バンドのボーカル役に挑戦する。宮藤官九郎(45)が脚本、いのうえひでのり氏(56)が演出を手掛ける。

 10年前の「Cat in the Red Boots」は、生田の初主演舞台。「いのうえさんに演劇の基礎を教わった。主演としての振る舞い、座長であることの苦労と何にも代えられない喜びを教えていただいた」。宮藤が「ビジュアル系のボーカルをしながら愛した女の生まれ変わりを探す、平安時代から生きながらえている吸血鬼」と役柄を説明。生田にとって新境地となり「チョー興奮してるっす、マジで!チョー楽しみっす、マ!ジ!で!」と役柄になりきって話した。

ジャニーズ
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)