新垣隆氏、アイドル初プロデュース「異次元で壮大な楽曲」

2016年2月26日6時0分  スポーツ報知

 ゴーストライター騒動で注目を集めた作曲家・新垣隆氏(45)が、女性7人組アイドルグループ「青山☆聖ハチャメチャハイスクール」の新曲「メチャハイの天地創造」(3月9日発売)で、初めてアイドルをプロデュースしたことが25日、分かった。

 7人のオファーを快諾。河合奈保子(52)、柏原芳恵(50)らを見て育った新垣氏は「アイドルと音楽で関わるのは非常に感慨深いものがありました」と話した。

 「もし私が神様だったら」をコンセプトにした歌詞に、新垣氏がメロディーをつけた。同氏のイメージとかけ離れた明るくポップな曲調。「彼女たちの魅力を最大限に発揮できるように、ポップスから現代音楽まであらゆるジャンルを飛び交いながら、というイメージで」と説明した。7人は「予測不能すぎてドキドキしてたけど、異次元で壮大な楽曲になりました」と喜んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)