徳永英明、難病「もやもや病」再発 手術後の経過良好で来月復帰目指す

2016年3月4日6時0分  スポーツ報知

 シンガー・ソングライターの徳永英明(55)が脳出血の異常で起きる難病「もやもや病」を再発し、手術を受けたと3日、所属レコード会社が発表した。1月末に体調不良を感じた徳永は2月上旬に同病と診断され、同22日に脳梗塞を予防するための手術を受けた。術後の経過は良好で現在は都内の病院で療養中。3月末まで活動休止し、4月から仕事復帰する意向だ。徳永は2001年に同病で活動休止している。

 レコード会社によると、徳永は1月末、「右腕が重たい」と違和感を覚え、2月に入っても症状が治まらなかったため医師の診察を受けた。結果は、脳内の血管が狭くなり脳卒中のような症状が起こる原因不明のもやもや病だった。

 脳梗塞の発症を予防するため、手術することを決めた。先月22日に、約6時間をかけて左複合バイパス手術を行い、成功。術後の経過は良好で、近日中に退院できる見込みだという。

 早めの決断ができたのは、前回の苦い経験がある。2001年5月にこの病気を発症した際には、一過性脳虚血発作を併発してしまい、復帰まで1年半を要することになった。今回の手術は、あくまで脳梗塞の予防を目的として受けたもの。退院後、3月いっぱいはリハビリを兼ねた療養のため活動休止するが、順調に回復すれば、4月から活動再開することに支障はないという。

 先月19日のフジテレビ系音楽番組「MUSIC FAIR」(後6時)の放送2600回記念コンサートは体調不良で欠席した。徳永はこの日、「おかげさまで手術も成功し現在療養させて頂いております。このような形での発表になり、大変心苦しく思っております。1日でも早い復帰に向けて療養しておりますので、もう少しお待ちください」などとコメントした。

 今年はデビュー30周年。復帰時期は未定だが、4月16、17日に東京・豊洲PITで行われるアコースティックライブは開催する予定だ。リクエスト・ベストアルバム「ALL TIME BEST Presence」(4月13日発売)を発表したばかり。全快したのち、最高のパフォーマンスを届けるつもりだ。

 ◆徳永 英明(とくなが・ひであき)1961年2月27日、福岡県柳川市生まれ。55歳。86年「Rainy Blue」でデビュー。「輝きながら…」「壊れかけのRadio」「最後の言い訳」などヒット曲多数。2005年に女性歌手をカバーしたアルバム「VOCALIST」でカバーブームを起こし、15年の「―6」まで発表。NHK紅白歌合戦に昨年まで10年連続10回出場。身長175センチ。血液型A。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ