【日本アカデミー賞】嵐・二宮和也が最優秀主演男優賞「いい酒が飲めそう」

2016年3月4日22時41分  スポーツ報知

  ◆第39回 日本アカデミー賞授賞式

 主演男優賞は、優秀賞を受賞した内野聖陽(海難1890)、大泉洋(駆込み女と駆出し男)、佐藤浩市(起終点駅 ターミナル)、二宮和也(母と暮せば)、役所広司(日本のいちばん長い日)の5人の中から、二宮が初の最優秀賞を受賞した。

 前年の岡田准一(永遠の0)に次ぐ、2年連続でジャニーズからの同最優秀賞。昨年は自宅で酒を飲みながらテレビで先輩の受賞を見ていたという二宮は「すごくうれしくて、でも悔しくて、オレも欲しいなと思って、(岡田と会ったら)次はお前だからと言われた」と明かした。今年はその場に自分が立ち、「この姿は嵐の(メンバーの)人は見て喜んでくださっていると思うし、ジャニーさん、メリーさん、ジュリーさん、いろいろ迷惑かけたけど、これでちょっと恩返しできたかな。今日はいい酒が飲めそう。岡田君に自慢します」と喜んだ。

ジャニーズ
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)